裁断機 ハンブンコ【レビュー】

こんにちは、ラロ(@rarodado)です。

紙を半分に切るのに特化している裁断機「ハンブンコ」
購入したので、レビューしていきます!

01.購入した経緯

元々は1500円くらいの、スライドカッターを使っていましたが
切れ味が悪くなってしまい、消耗品の交換を行ったところ
直線に切れなくなりました……。
切った後がガタガタになってしまい、小さい子がハサミで切った感じの仕上がりに。

私はA4サイズの用紙を半分に切る事が多いので、「ハンブンコ」の特徴である
「簡単に半分に切れる」点が物凄く魅力的でした。

刃に直接触れない替刃や、カートリッジの交換が楽な点も
購入意欲をそそりました。

元々使っていた物が小さいのもあり、ハンブンコを購入しました。

幼い頃の誕生日が来たような……。
そんなワクワクした気持ちいっぱいでAmazonからの宅配を待っていました。

02.使用してみて

紙をぴったり半分に切るための「Wゲージ」がついていて、
半分に切ることはもちろん、普通の裁断機と同じように使うことが出来ます。

本体の右上にカートリッジを収納するスペースが用意されているので
替刃をなくさずに保管できます。

ハンドルをパカッと開けると、替刃が見えます。
別売りの「ミシン目」「折り目」を入れ替える事で別の使い方も出来ます。
取り外しは固くなく簡単でした。

A4用紙を半分のA5サイズに切ります。

スパッといきます……!
切れ味最高っっっ!テンション上がりました。

A5サイズの半分、A6サイズも楽々でした!

今回購入したものはA4タイプですが、もっと大きいA3タイプもあるようです。

とにかく簡単綺麗でスイスイ紙が切れるので、楽しいです。
今までは毎回、用紙の半分の所に印を付けて切っていましたが
それでもズレる事が多かったので諦めかけていました……。

私はAmazonで4,364円で購入しました。
安い買い物ではないけれど、値段相応の価値があると思います。

デメリットとしては、レール幅よりも小さい紙を半分に切るのは
難しそうなので、小さい紙を切る場合は注意が必要です。
もう一点、Wゲージを強く押し過ぎてしまうと用紙がズレてしまうので
優しく押してあげると良さそうです。

03.別売り品

まずは「ミシン目」を使って見ます!

ミシン目を付けた物を切り取って見ました。
すごく本格的な作りで……感動……(;∀;)

これで自分オリジナルチケットなんかも作れちゃいますね!

お次は「折り目」を試してみます。

折り目を付けた物を一度折って見ました。

綺麗に折りやすく加工できるので、誕生日カードや招待状、
冊子を作る際にも活躍してくれそうですね。

この2つの替刃は別売りなので、本体とは別で購入する必要がありますが
私はどちらも購入して良かったです。
色々活用していけそうなので、興味のある方は見てみてください。

04.終わりに

ミシン目と折り目カートリッジが思った以上に良くて活用できそうです。
最初は「切るだけにしか使わないだろうなぁ」
思っていたので、意外でした。

早速メッセージカードやオリジナルチケットを制作してみたり
色々作って見ようと思います。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます!

今回購入したものリスト


プラス 裁断機 スライドカッター ハンブンコ PK-813 20枚 断裁幅297mm A4長辺 26-477

プラス カッターマット ハンブンコ PK-813 専用 4本入り PK-813U 26-472

プラス 替刃 ハンブンコ PK-811 / PK-813 専用 直線 (切る) PK-800H1 26-474

プラス 替刃 ハンブンコ PK-811 / PK-813 専用 ミシン目 PK-800H2 26-475

プラス 替刃 ハンブンコ PK-811 / PK-813 専用 折り目 PK-800H3 26-476